ぎっくり腰と慢性的な腰痛にも悩まされています。

50歳男性 会社員の方からの質問

私は今までに何度も酷いぎっくり腰になってしまった事があり、酷い場合は1か月以上も殆ど動けない状態になった事もあって、その時は身体的にも精神的にもとても辛い思いをしました。

そのせいでまたいつぎっくり腰になるかもしれないと恐怖感があります。
そして慢性的な腰痛にも悩まされています。

もう二度とぎっくり腰にならないために何か出来ることはあるのでしょうか?
また慢性的な腰痛は整体に通うことによって改善されるのでしょうか?

回答

50歳男性 会社員の方からの質問にお答えいたします。参考になれば幸いです。
一概に言えませんが、くり腰または腰痛に関係している筋肉が腸腰筋(大腰筋と腸骨筋)と言われています。
この筋肉は、上肢と下肢を連結している筋肉で体幹を安定させている筋肉です。

腰痛整体

この筋肉が緊張していたり、柔軟性が欠けていると腰痛やギックリ腰の原因になる言われています。
なので、この大腰筋を柔軟性を持たせるエクササイズのやり方を説明いたしますので参考にして下さい。

①両膝を90度位に曲げて仰向けに寝ます。
②お臍の5cm位横の腹直筋の際に、左右の指の甲側を寄せてコンタクトとします。

③指を深く押していきます。
④押したまま10秒ぐらい保持します。最初は痛苦しいかもしれまんが頑張って行ってみて下さい。
⑤これを左右行います。回数は、出来る範囲で1日2 ~ 3回。

当院では、腰痛やギックリ腰の施術中または施術の後に、このテクニックを施すと結構、患者さんが楽になって帰られます。
椅子に腰かけた姿勢からでもできますので、是非試してみて下さい。

関連記事

  1. 両膝辺り(特に腿の前面)が辛くなってきた。症例

    両膝辺り(特に腿の前面)が辛くなってきた。症例

  2. ゴルフをするときのスイング、腰が縦方向にも横方向にも可動域が…

  3. 富士市整体 48歳女性ですが、更年期なのかたまに急に熱くなり…

  4. 富士市整体 椅子に座って仕事をしていますが、最近股関節が広が…

  5. ずっと同じ姿勢でいることが多く、体のだるさや倦怠感

  6. 慢性的な右肩の痛みの原因

    慢性的な右肩の痛みの原因

エキテン ランキング